忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛(12歳)の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[829]  [828]  [827]  [826]  [825]  [824]  [823]  [822]  [821]  [820]  [819

こどもと共にブログも成長。

このブログを通じておかげ様でいろいろな人に出会うことが
できました。

またブログ自身もまだ初めて3年に満たないですが、
始めた当初からするとずいぶんと成長したなあ、と思います。

最初は小じんまりしていて、子供の成長を記録できたらなあと
言う感じで始めたんですが、

いろいろと主張を入れてしまって
最初とはぜんぜん違ったものになってしまいました。

最近思うのは、私の方針はなんだっけ?とぼやけていないかな
と感じます。

ここで私のブログについての方針を
確認しておきますね。

まず、発達障害に対する・・・・・

薬物治療について。

問題行動(自傷他傷など)、てんかん、睡眠障害等の改善で
薬を服用する場合は(対症療法ですね)、それを支持します。

サプリメントについて。

発達障害に対しては症状の改善については
残念ながら支持できません。
発達障害以外のことについては
有用だと思います。

その他の療法について。

グルテンカゼイン、キレーション(今まで記事に書いてませんでしたが
わざわざ書く必要もない、と思ってます)
その他の療法も残念ながら支持できません。
支持できるだけの知識も証拠もないからです。

ABAについて。

これは、結果が目の前ですぐにわかることもあり、
効きめがありそうでは、と思います。
しかし、障害の程度によっては効果が上がる子と
それほどでもない子があるのは事実です。
(理由はわかりません)
ですので、ABAだけではなくTEACCHなども
組み合わせてみることも必要では、と思います。

障害者も健常と基本は同じ。

ダメな事はダメ!と解らせることは同じです。
つまり、障害があるからとか健常だからという区別はない、
ということです。
解らせる方法は違うかもしれませんが・・・・。
社会に適応させるように努めることは
同じです。できるできないは別にしてそのような方向で
考える。
できないところは支援を仰ぐしかし、全てを支援してもらうつもりは
うちの子には考えていません。
少し厳しいかもしれませんが・・・・・。










 

拍手[4回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne