忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[1]  [2

隣との間に・・・

隣の家との境界に植えている木に

鳥が巣を作りました。

何の鳥かな?と思って調べてみると

ヒヨドリだったようです。


で、最近卵を産んで育てていましたが

その卵がかえってヒナが4羽も!





ちょっと分かりにくいですが、巣の中でじっとしています。

時々親鳥が来ては虫などをヒナにあげていました。

10日間ほどで巣立つようですが、すくすくと育って欲しいです。


拍手[0回]

PR

今年最後の3連休

昨日から明日まで

私は久しぶりの3連休です。


世間では月曜日の祭日が増えて

3連休は珍しくないかもしれませんが

私にとっては貴重な連休です(笑)。


いつもよりゆっくりお酒が飲めるのが

いいです。






拍手[1回]

心地よい季節

昨日、有休を取ったので

今日明日と3連休。

今日は夕方に早めに風呂に入ってから

庭のベランダに出て座り、ビール(正確には発泡酒)を飲みました。

心地よい風が吹いていて気持ち良かったです。

庭の木も新芽がでていて

自然がようやく活動を開始した、と

実感しました。

リフレッシュされました。




拍手[0回]

ポールから元気をもらった!

今日は仕事が休みです。

今日は愛のフリー参観に行ってきます。


さて、昨夜は仕事が終わったあと

ポールマッカートニーのコンサートに行ってきました。


私がポールのステージを観るのは

1990年3月(東京ドームのみ)以来、23年振り2回目です。


始まる直前の様子(満員です)

年も年だし、パフォーマンス的にどうかな?

と思いましたが、

コンサートが始まると、そんなことは軽く吹き飛ばしてくれました(笑)。


71歳とは思えない位、エネルギッシュでパワフルな歌唱力に満ち溢れ

「若いな!」と感じました。

23年前とぜんぜん変わっていないことに、驚きと感動を覚えました。


ポールの頑張っている姿を観てると、

「僕もこんなに頑張れるんだから、きみたちにもできるよ」という

日本全体に対するメッセージにも思えました。


私も、明日からの活力にしたいと思います。

















拍手[0回]

今日は一人でのんびりと。

今日は仕事が休みでした。


子供たちは学校へ、普段通りに登校。


愛ママはママ友達と定期的なランチへ外出。


そして私は、


天気が良かったですが外出せず

家でのんびりと。


たまにはこういうのもいいもんです。



拍手[0回]

当ブログのサブタイトルについて

発達障害の子供を持つ、お母さんお父さんを応援します!


これは当ブログのサブタイトルにしていますが、

私自身発達障害の子供を持っているのにもかかわらず

このような文言にしていることに

?と思われる人も少なからずおられると思います。


それは当ブログ、当初は記録として始めようと考えていたのですが

(今でも記録として書いていますが)

続けて行くうちに情報発信もできれば、

というように考えが変わり、私も発達障害の子を育てて行くうちに

自分でも気がついたことなどをブログに書いて

参考にしていただければ、それでちょっとでも

気持ちの持ち方が楽になるといいなあ、そういうことを

みんなで共有できればいいな、などと思っているうちに

考えた文言なのです。


変かもしれませんが、「応援します」という意味の中には

いろいろな情報を入れてみんなの役に立つブログにしたい

しかし、間違った情報は入れないように注意する

これを心がけています。

ネットではいろんな情報があります。

しかし、それが正しいかどうか分からない。

当ブログでそれをできるだけ選択していければと

思っています。

もし間違っていたら指摘していただけるとありがたいです。

拍手[0回]

たまには息抜き

昨日の学校面談のあと

昼ご飯を食べにいきました。

交野市駅近くにあるカフェレストラン”JuLia"
http://gpado.jp/kansai/osaka/27230/165/1501-00015219-000/shop_top/

この辺りも個性的な店が増えてきました。

昔はよく行っていたBKハウスにちょっと似ている雰囲気です。


拍手[0回]

今年の家族旅行は南紀・パワースポット。

パソコンを修理に出している間に家族旅行に行ってきました。

そう書くと、

思いつきで旅行に行ったように思われるかもしれません。

しかし旅行の計画は前から決まってたんです。

で、今年は22日から23日の1泊2日で計画していました。

行先は、世界遺産になった熊野三山と勝浦、串本の海中公園。

3年前に白浜に行ったので

今年は行ったことがないところに行くことにしました。

海に近いところに行くのに今回は泳ぐ予定を入れませんでした。

朝5時前に家を出て高速道路を走り

紀伊田辺から、311号線を通り「湯の峰温泉」へ。
faf50eee.JPG





ここの「つぼ湯」に入りました。
0e882a96.JPG




小さな温泉ですが由緒があるようです。
とても熱く、水で薄めてやっと入ることができました。
37fec662.JPG





次に、ここから車で10分くらいのところにある熊野本宮大社へ。
fabe821a.JPG






森に囲まれ静かでした。
幟に描かれているヤタカラスは日本サッカー協会のシンボルマークに
なっています。

熊野川は前日までの雨で、ザーと激しく音を立てて流れていました。
41fa642b.JPG





川沿いに大鳥居が・・・・
15908f85.JPG




明治時代に洪水で流されるまでここに熊野本宮大社が
あったそうです。

ここから熊野川沿いに国道を南下して新宮市へ。
熊野速玉大社にお参りした後、子供たちは退屈そうだったので
泊る予定の宿近くの海岸へ行きました。

水着を持ってこなかったので子供たちだけパンツ姿で海に入らせました。
水を得た魚のようでした。

1時間くらい泳がせて車ですぐのところにある休暇村へ。
1157bc64.JPG




部屋から海が見えますが、上の写真はテラスから夕闇の食堂です。

次の日は熊野那智大社へ。
大門坂駐車場(無料)に車を置いて、歩いて登りました。
819e7bb8.JPG6be104d6.JPG


がんばれ! がんばれえ~!



この日も暑かったですが山の中は風が涼しかったです。

大門坂を上がり、土産物の通りを抜けて階段を登りつめると
三重塔越しに那智の滝が見えます。

3b6b5230.JPG





近くで見ると迫力がありました。
4a3ca3ae.JPG







このあと、勝浦駅近くのお店でマグロ定食を食べました。
切り身が大きくて新鮮でおいしかったです。
流石、とれたては味が違いますね。

その後、串本の海中公園に行きました。
他にも行きたかったんですが時間が無く、もう1泊したいと
思いました。

拍手[1回]

我が家に”夏”がやって来た!

昨年飼っていた、カブトムシが卵を産んで

幼虫を育てていました。

それが先日、成虫になりました。
945e3a5f.JPG





オスが6匹、メス3匹の計9匹です。

毎日カサカサうるさいです。

それで、オスメス1匹ずつを年長クラスに提供することに
しました。
餌のゼリーも一緒に渡してきました。

先生は「子供達が喜ぶと思います」と。

子供たちと一緒に観察してほしいなと

思います。

拍手[1回]

レジ待ち、早い列を見分けるには

今年もあと数日。

買い物に行くとどこも人で混んでいます。

そういうのを見ると、年末だなあと感じます。

レジにも長蛇の列。

ただでさえ忙しいのに

それを見ると気が重くなります。

しかし、レジにも早い遅いがあります。

私は何気なく並んでいる人を見て

ああなるほど!と思いました。

それからは結構、レジ待ち時間が短くなりました。

レジが早いのには理由がありました。

早い列には「単独で並ぶ男性」の数が多いのです。

男の人は自分の欲しいものしか買わないので
買い物かごは持たないか持ってもスカスカです。
(まれに、たくさん買っている人もいますが)

女の人は家族の分を数日分買うので
かごには沢山になります。

これは、レジ係の処理能力はみな同じと考えた場合にだけ
言えるのでしょうけど。

私はレジの列に並ぶ時、いつも男の人が並んでいる列を
探してしまいます。














拍手[0回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne