忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(大学生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

カテゴリー

広汎性発達障害

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[1]  [2

自主通学の練習

今週から自主通学の練習を始めています。

全部で10回練習するそうです。

そのうちの5回は、保護者の同伴が必要です。

今日は休みだったので、付き添ってみました。


切符はあらかじめ回数券を買っておきました。

愛は駅の改札や電車の乗り降りは問題ないかんじです。

駅から学校までの間に、先生が立ってくれているので

迷うことはありません。


ただ、踏切や道路を横切る時など注意が必要なところもあり

そこが少し心配です。

しかし、乗る電車の時間も指定されていて

自主登校する子が大勢乗っているので、その流れに乗って

通学できればいいと思いました。




拍手[0回]

PR

自主通学を目指して

前から考えていたことなんですが、

なかなか行動に移せなくて・・・。


愛にもそろそろ自主通学を考えないとな、と

けど、支援学校に近いところに住んでいるので

自主通学!と偉そうに言えないと思います。


なので、もうちょっと遠い所に行く練習をすることに

しました。


うちの家から愛ママの実家まで自分で切符を買って

電車に乗って行くという工程です。

普段、ほぼ毎週、おじいちゃんには習字を習い、

おばあちゃんからは英会話を習っている愛ですが、

今回は、電車です。


ですが、全く一人にさせるのは心配なので、私が付いていくことに

しました。

私は何も手伝いません。

愛が困っていたら、ちょっとヒントを出すだけにしました。


駅で行き先を見て、行き先の駅を探して

それに見合った料金を券売機に入れて切符を

買っていました。

そして一人で電車に乗りました。

と、ここまでは順調です。


愛ママの実家のある駅は、途中の駅で電車を乗り換える必要があります。

つまり支線から本線に乗り換えるわけです。

途中の駅に着きました。

今までは私達両親と一緒に行動していたので、どの線に乗るかなど

愛は考えていなかったと思います。

今度は一人で判断して行動しなければなりません。


案の定、愛は乗り換えコンコースできょろきょろ。

私は心の中で「頑張れ!」。

そして、正反対の行き先に行こうとしたので

私はヒントを出すことに。


しかし、路線図が見当たらず、案内所で利用ガイドを

貰いました。

そしてその利用ガイドの路線図を愛に見せながら、

「愛ちゃん、今どの駅から乗った?」

愛は乗った駅を指さしました。

「そうやな。じゃあ、行きたい駅は?」

降りる駅を指しました。

「その通り。その駅の終点の駅はどこかな?」

と、私は終点の駅まで指でなぞりました。

「この駅は表示板に書いてる?」

愛は表示板を見て、首を横に振りました。

「じゃあ、どこに書いてる?」

愛はこっちと指さしました。

「そうやな、こっちやな」



一苦労です。

そして、電車に乗って目的の駅でおりました。

まだまだ、前途多難です。















拍手[0回]

学習発表会(支援学校)

今日は支援学校で学習発表会がありました。

小学部から高等部まで、それぞれの学年が劇を行いました。

私たちは昼から見に行きました。


学年ごとにテーマがあり、クラスが劇をリレーで

繋いで一つの物語になります。

 

みんなにセリフがあり、本番が難しい子には

前もって録音していたセリフを流して対応していました。


愛も元気よく、間違えずにセリフを言っていたので

良かったです。


みんな生き生きと劇をしているのを見て、

小学校時代より、一段と成長を感じました。

もちろん、先生が黒子になって補助はしていますが、

全ての子に補助をしてる訳でもありません。

来年も楽しみです。








拍手[0回]

夏休みが終わり・・・

愛の支援学校は今日から新学期。


お友達とも久しぶりに会う・・・

ということもないようです。

なぜなら、

夏休み中も登校日が数日あって、

そこでプールに入ったり、お誕生日会をしたり、

結構、学校での行事が多いみたいでした。

お友達も児童デイで一緒のことが多いので

久しぶり感はないようですね。


私は今月は月の半分が休み。

1年間の有給が10月でリセットされるので

有給を消化するためですが、それでも

10日位捨てることに。

今月はゆっくりさせてもらおうかな(できないかな)。

拍手[0回]

高等支援学校のオープンスクールへ

今日は、昼から有休を取り

愛ママと二人で

高等支援学校のオープンスクールに行って来ました。


愛は朝から夕方まで児童デイへ。


受付から案内など、主な説明は全て生徒さんが行っていました。

見学組と体験組の2通りありましたが、

私たちは見学組に申し込んでいました。

授業は、説明書類などの記載は科目が書いてあっても

普通級で習う内容ではなく、

実際の内容は社会に出た時にすぐに役立つ事柄ばかり。


全体的な印象は

一つひとつの科目が非常に専門的であるということ。

学校側も、「企業から求められている人材」を

意識してカリキュラムを作っているなあと

思いました。

それでいて、見学した上での印象ですが

面白そうです!

上手く対応できる子なら

楽しく学べそうです。












拍手[1回]

夏休みへ

昨日、終業式を終え

今日から夏休みに入った愛。

朝から夕方まで児童デイへ。


学校に行っている時と

家での生活はさほど変わりはありません。


ただ、支援学校でも

宿題はあります。

それが・・・


と、とても怖そうな題名!

頑張って乗り切ろう。

拍手[0回]

参観日

今日は日曜参観日でした。

去年は平日だったので、私も愛ママも

行けませんでした。


午前中の授業の

国語と総合について見学しました。


授業の時は、クラス単位で受けるのではなく

2年生5クラスを6~8人のグループに分かれて

行います。

従って、同じ国語でも内容がグループにより

違います。


愛のグループの授業は

「原稿用紙の使い方」。

文章を書く時の段落の開け方や

区読点の付け方の法則などを

実際の小説を引用しながら行っていました。

内容はなかなか難しく、私も勉強に

なりました。


次の授業は

総合。

聞きなれない授業ですが、

これもクラス単位ではなく

1年生~3年生まで縦割りにして

パソコン、英語、音楽、スポーツ等、ジャンルごとに

8つのグループに分かれます。


愛のグループは「スノードーム」というのを作りました。

スノードームというのはこういうものです。↓

中にキラキラしたものと水と液体のりを入れて完成です。

作る工程で、先生の質問に手を挙げて答える子が多いのにびっくりしました。

授業の最後の締めは愛が行いました。

恥ずかしがり屋だったのに、上手くできるようになっていて

感心しました。


また、参観出来たらいいな。













拍手[1回]

宿泊学習

愛達、中学部2年生38人は

木曜日から金曜日にかけて

宿泊学習に行っていました。

場所は城陽市なので近いです。


行きはバス、

帰りは電車で帰ってきました。

宿泊学習では、

運動公園なのでアスレチックなどがあり

「長い滑り台であそんだ」。


宿舎では

「かるたであそんだ」。

そして駅まで

「2キロ歩いた」

そうです。

ご飯も

たらふく食べて満足そうでした。


自分の持ち物をチェックしたり、

入浴など

修学旅行の練習なのかなと

思いました。

無事に帰って来れてよかったです。



拍手[0回]

来週は宿泊学習

支援学校中学部2年生は

来週の木曜日、1泊2日の宿泊学習があります。

持ち物は、リュックに入れておとといの水曜日に提出。


えっ!


来週なのに・・・。


先生が事前に確認するのだとか。


そんな前だったら、何を入れたのか

忘れてしまうのではないかと思います。


ところで、どこに行くんだったのかなあ。




拍手[0回]

無事に体育祭

今日は日曜日に延期になった体育祭がありました。


愛ママがビデオに撮ってくれたのを見ました。

サスケという競技に愛は出ていました。

サスケというのは

ハードルがあったり、ボールをつきながら走ったり

バドミントンのラケットにボールを載せて走ったり、

いわゆる障害物競争ですね。

愛は4人で走って、

見事1位。

よくがんばった!


拍手[0回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne