忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

2段階動作模倣

これは初期課題としては難しいかもしれません。
愛にはABAを始めて2か月ごろ(2007年8月)に教えていましたが
なかなかできませんでした。
出来るようになったのは年末位だったと思います。
親は「こうして!」
と、手を叩き、万歳します。
つまり、2種類の動作模倣を行います。
これを子どもに模倣させます。
おそらく最初は子供は最後にした模倣(万歳)しかできないと
思います。
なので、親がプロンプトして助けてあげます。
もし、すぐにできるようだと”すごい!”ことだと思いますよ。
他に
膝を叩いて万歳する、肩に手をやりその後手をひざに、とか
いろいろ模倣させます。
注意することは、指示は「こうして」です。
「手をたたいて万歳して」など言ってはダメです。
2段階模倣ができるようになると、人のマネができるようになります。






拍手[1回]

PR

初期の課題~動作模倣

指示通りにイスに座っていられるようになったら、今度は動作模倣をします。
これは親の振りまねを子どもにさせるのです。
親が「こうして!」と拍手したり、手をあげたり、しゃがんだり・・・・。
それぞれについて真似ができたら「褒める」・・・大事なことです。
反応がいま一つであれば、ほめてお菓子を少しだけ(ほんのすこしです)あげます。
もし、まねをしなければ・・・・
拍手をしなければ、手を添えて手伝って(プロンプトという)あげます。
そして、「できたね!すごい!」と褒めてお菓子を少しだけあげます。
すると、子供は「なんだか解らないけど、手を叩いたらお菓子がでてきたぞ」と思うようになるのです。
そしてマネすることを覚えていくのです。
愛は動作模倣は割とすぐにできました。
こんどはコップや皿(割れないプラスチック製のもの)を100円ショップで買って使いました。
コップと皿を2つずつ机にならべて(親と子供用)、「こうして!」と言って親が
皿にコップを重ねるのです。同じように子供もできるか?
つみきを使ってもいいと思います。
親のまねができるかやってみました。
注意することは「手を叩いて!」「お皿に重ねて!」などの指示は「音声指示」と言って別の課題になるので、動作模倣の指示は「こうして!」です。
それと、褒めたりお菓子を与えるのは、動作が出来たらすぐに与えます。

 

拍手[2回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne