忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(大学生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

カテゴリー

広汎性発達障害

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

フェスタの準備にてんてこ舞い

今日の夕ご飯時、愛に

「今日は学校どうだった?」と聞きました。

すると、

「今日は2時限目からクラスに行った!」と

答えたので

「いつまで居たの?」と聞くと

「6時限目まで」と言いました。

「へえ~、すごいなあ」と私。

すると愛ママが、

「けど、フェスタの準備をずっとしてるんやなあ。」と愛に聞くと

「2時限目は理科やった」

授業が1時間とはいえ、2時限目から6時限目までクラスに居れたのは

だいぶん慣れてきた証拠でしょう。

フェスタで愛のクラスは段ボールで大きなロボットを作ったそうです。

そして、明日のフェスタに出すそうです。

学校では、今の時期

フェスタといって各学年クラスごとに出し物をするそうで(文化祭みたいなもの?)

愛のクラスも、授業よりもフェスタの準備をしていました。

その準備に愛もちょこちょこクラスに行っていたそうです。

いきなり授業よりも、そうやって徐々に慣れていく方がいいのかも

しれません。









拍手[0回]

PR

3学期が始まって

3学期が始まってしばらく経っていますが、

近況を報告したいと思います。


愛は2学期の終わりにクラスの子との交流もできるようになりました。

「支援級の教室で」という条件付ですが。


クラスに一時帰った時は

教室の雰囲気に圧倒されるのか、緊張していました。


3学期が始まり

やはり、クラスへは緊張するということで

支援級中心で過ごしていました。

しかし、先週あたりから支援級で給食を食べてから帰る

というところまで落ち着いてきました。


そして今日、

6時限目まで学校で過ごすことができました。

これは、本人の希望でした。


3学期はイベントがあるので

クラスごとにその準備をしなくてはなりません。

愛もその手伝いに今日、

クラスに行ったそうです。

でも特に緊張しなかったとか。

というのも、クラスで授業は受けていないからだそうです。

そのうちに

クラスで授業も受けるところまでいけばいいなあ

と思います。










拍手[1回]

クリスマスプレゼントを見たら・・・

今朝は子供たちの寝起きが遅く

私が仕事に行く時もまだ寝ていました。

サンタさんからのプレゼントが枕元にあるのにねえ。


そして、仕事から帰ってくると

愛はニコニコ顔でした。

一番欲しかった「ハートの風船」を持って。

「サンタさんから他に何をもらったの?」と訊くと

「キティちゃんのクッションとポーチ」と言っていました。


毎年、プレゼントをもらうのは嬉しいと思っているよう

ですが、

今年は的確な指摘が。


愛ママが言うには、

愛がハートの風船を見て

「これ、サンタさん、どこで買ってきたんやろなあ」


キティちゃんのクッションを見ては

「サンタさんもサンリオに行ったんやなあ」


これ誰のことを言ってるのかなあ?

愛も現実的な考えを持つようになってきたのかな。







拍手[0回]

クラスに戻ったものの・・・

2学期の終業式の今日、

愛は久しぶりにクラスへ戻りました。


授業は無いとはいうものの、

「クラスに戻ると、やはり緊張して

支援級の愛ちゃんではなくなるようです」

と担任の先生。

愛はクラスで、ガッチガチに緊張していたそうです(←支援級の

先生より)。


しかし、今日からは冬休みなので

3学期が始まるころには

緊張も解けて欲しいところです。





拍手[0回]

2学期最後の日にクラスへ

今日、心理の先生から

「愛ちゃん、明日クラスに行ってみる?」と

言われたそうです。

それで愛は

「行ってもいい」と答えたそうです。


20分休みの時間にクラスの子の殆どと

遊んでいたので、そんなに垣根はないと思います。


明日は終業式で授業はないので、

戻るタイミングとしては、いいかなと思いました。


これですんなり溶け込んでくれたら

ほぼ、元のさやに収まったと言えるでしょうね。




拍手[0回]

クラスとの交流へ

今週の火曜日に学校との話し合いをしたのですが、

次の日には

20分休み時間の時に体育館で

クラスの子20人位とドッチボールをして

遊んだそうです。


ただ、あまりに人数が多かったので

支援級で少人数で遊んでいた時よりも勝手が違うのか

愛らしくなかった(支援級の先生)、そうでした。

やはり大勢の中では、まだ及び腰になるんですね。


昨日は

話し合いの中で出てきた

支援級の先生によるパソコンを使った授業を

クラスみんなと受けたそうです。

「クラスの全員と授業を受けたことは大丈夫だった?」

と訊くと

「大丈夫だった」そうです。

気持ちもちょっと自信がついてきたかな。



拍手[1回]

12/15現在の学校での様子を聞く(つづき)

では、一緒に遊んでいる子たちの反応は?

ということが気になります。


支援級の先生が言うには、

「みんな、愛ちゃんがこんなにボールを強く投げれて

動けるとは知らなかった。とか、こんなに面白いとは

知らなかった。と言っています」とのことでした。

「おそらく、みんなの前でこんなに自分を出したのは

初めてなんじゃないでしょうか」

ということでした。


愛の方は

「本当はクラスに戻りたい、けど怖い」

「女の子と遊びたい」

という気持ちもあるようだと。


そこで支援級の先生から提案をいただきました。

「今度、クラスの授業の一環で私がパソコンを使ってカード作りをするのですが、

愛ちゃんも参加してもらえれば、と思うのですが。パソコン室を使うので愛ちゃんも

気が楽だと思います」

私「嫌な子も一緒にいるのに大丈夫なんですか?」

支援級「私が授業をするのであれば構わないそうです」

私「学校に来ていないはず、になってるのに?」

支援級「それも、構わないそうです」

それなら、ということで了解しました。

早ければ今週にもするそうです。

それで大丈夫なら、移動教室でクラスの子たちと

一緒に授業を受けることもできるかもしれません。


1か月前は、同じ学年の子の足音が聞こえただけで

足がビクンとすくんでたことを思うと

かなりマシになってきました。












拍手[1回]

12/15現在の学校での様子を聞く

校長先生から

「学校での様子やその後のことを報告したい」という

連絡がありました。

それで、さっき学校に行ってきました。


支援級にクラスの子を数人呼んで、20分の休み時間に

一緒に遊んでいるのですが

今日は9人が来たそうです。


そのことについて、改めて支援級の先生に聞いてみました。


私「どういう基準で友達を選んでいるのですか?」

支援担「愛ちゃんに、クラスで会いたい子いる?と聞いて

 少なくとも嫌じゃないと言う子を、クラスに行き、その子たちに

聞いて同意したら連れてきています」

「その時に、先生が言ったから遊ぶ、というのではなく

あくまでも自然にふるまって欲しい、気を遣う必要はないよ

と言っています。なのであくまでも自然に接してます。」


私「20分の休みで教室(支援級の)で運動しているのですよね?

 それなら、運動場で遊ぶようにしたらどうでしょうか?」

支援担「それが、運動場は無理と愛ちゃんが言うんです。」

私「それはなぜ?」

支援担「嫌いな子に見られるのがいやだそうです。本人は

   学校に来ていないはず、と思われたいようです。」

私「数人とは言え、みんなに知られていると思いますが・・・」

支援担「ええ、知っている子は知っているけど、みんな言ってはいけないと

   思ってるみたいで公には周りに言っていないようです。」


愛は、友達とは遊びたい。しかし、学校に来ていることは公にして欲しくない。

複雑な心境みたいですね。

この続きは次回に。


   
   








拍手[1回]

学校での最近の様子

支援級で4時間過ごしている愛ですが、

20分の休み時間ではこのところ毎日、クラスの子が数人支援級に来て

遊んでいるそうです。


先生によると、

サッカーなど運動を教室内でしているとか。

そして結構、みんなで騒いでるらしいです。


ならば、いっそうのこと

運動場に出てみればどうかと思います。

そしてクラス内外の友達と接してみたらどうかな?

と思うのですが

早いかな?









拍手[1回]

現在の状況

学校では愛はもう1か月以上

支援級のみで過ごしています。


変化と言えば、

今まで3時間で帰宅していたのが、

本人の希望で先週から4時間と

学校で過ごす時間が1時間延びました。

しかし、給食は食べずに帰っています。

先週、先生から

「クラスで一緒に遊びたい子はいる?」と聞かれ

愛は数人の子を挙げたそうです。

それで、20分の休み時間に

支援級でその子たちと遊んだそうです。

「なにして遊んだの?」と聞くと

「サッカー」。

支援級の先生がサッカーが好きだからでしょうか?

支援級の中でするような遊びではないような・・・。

ちょっとずつですが慣れてきていますね。




拍手[1回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne