忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[694]  [693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686]  [685]  [684

激しく抵抗するのは?

子供が「ねえねえ、おかあさん?」と訊くと
「なあに?」といつも振り向く気のいいお母さん。

ある日、子供がいつものように
「ねえ、おかあさん?」と訊いてくると、
今日のお母さんは気分がすぐれないのか
機嫌が悪いのか、何も返事がない。

「ねえねえ、おかあさん?」と言っても
全く無視。
「ねえ、ねえってばー!おかあさん?」と言っても
お母さんは・・・・・・・。
そのうちに、
「もう!、おかあさん、聞いてよー!」と怒って
子供は行ってしまった。

この子供の言動は問題行動ではありません。
子供がおかあさんに「ねえねえ」と訊くと
(注目してほしい)、
お母さんは「なに?」といつも聞いていました。
(注目を与えていた)

それでいつもお母さんに訊いていました。
(訊くことが強化されていた)

しかし、ある日突然母親が無視。

すると子供はなんとか母親から注意を引こうと
訊かせようとする行動が強くなります。

「ねえねえ」という態度が強くなり、最後には怒って
しまいます、そして訊くのをあきらめてしまいました。
(訊くことが消去された)

このような消去されるまでに一時的に起こる強い行動を
「消去バースト」といいます。

問題行動を消去していく過程で必ずといっていいほど
でてくると思います。
しかしそこであきらめてしまうと、問題行動を強化してしまいます。
そうなると、消去しにくくなるので大変になります。
実際の対処は専門家に任せたほうがいいと思います。









拍手[0回]

PR

Comment
無題
消去バーストって本当にありますよね。
これをもっと一般の人に知ってもらいたいです。消去バースト中は近所の人や周りの理解がかかせません。「あんなに泣いてて可哀想に」とか無責任な事言ってきますからね。
でも、うまくいくと「ケロッ」とやめるから面白いです。
Re:無題
コメントありがとうございます。
そうですよね。
一般の人にも知ってもらうとどんなに楽か。
やはり、人目が気になります。



【 管理人あいのパパ 2009/11/15 07:23】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne