忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(大学生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

カテゴリー

広汎性発達障害

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[1]  [2]  [3]  [4]  [5

障害児教育の通信講座

進研ゼミのベネッセがこんなサービスを始めました。
https://navi.benesse.ne.jp/sho/all/others/hattatsu_sien/

他にもあるのかもしれませんが、

通信講座も多様化しているようです。

また、障害児教育も進化してきているのでしょうね。

詳細は会員にならなければ解らないみたいです。

うちの愛には難しいかも。

拍手[0回]

PR

ABA療育が保険適応になる日も近い?

新聞の記事にもあったんですが、

「臨床心理士を国家資格に」
http://www.47news.jp/news/2011/12/post_20111226020101.html

これが実現すると、

ABA療育が保険適応になる可能性がでてくるかもしれません。


私は過去の記事で、

ABAがせめて保険適応になってくれたら、

ということを書きましたが、

(療育に関わる費用は誰が負担する?)
http://aipapa.blog.shinobi.jp/Category/10/2/

臨床心理士の資格を国家資格にという

運動は以前からあったのですね。

誰もが平等にABA療育を受けることができれば、

親の負担や不安も少しは和らぐと思います。

必要な支援をみんな平等に受けることができる、

そうでないと「福祉」とは言えません。

今後の政策の行方を見守っていこうと思います。







拍手[1回]

がんばれ!日本。

東北から北関東の太平洋側に

甚大な被害をもたらし、さらに長野県まで

強い地震が発生しました。

このような災害を見るたびに

阪神大震災の記憶が蘇ります。

当時、私が住んでいる所は

それほど被害は無かったですが

あんなにすごい地震の揺れは今まで経験したことが

ありませんでした。

「家が潰れる」と恐怖を覚えました。

それだけに、今回の地震では被災した地域だけの問題とは

とても思えません。

私にも何かできることは無いかと、ずっと考えています。

被災された方々に笑顔が戻る日が1日でも早く来るように

祈るばかりです。









拍手[1回]

100%お米でパンが焼ける"GOPAN"買いました!

小麦粉を全く使わなくても、お米だけで

パンを焼けるパン焼き機、「GOPAN」(サンヨー)を

買いました。

e2a481dc.JPG







愛兄は小麦アレルギーがあるので小麦製品は食べられません。

なので、学校の給食に出されるパンは食べられないので

家からお米パンを持って行ってます。

そのお米パンはコープの配達のもので

値段が高く、悩みの種でした。


しかし、自宅で作れるとなると

コストもそんなにかからないと思います。

それに、材料は家で食べてる”お米”です。

お米の粉ではありません。

お米を洗って入れるだけでパンができます。

今日の朝、初めて作って食べてみました。

c518537c.JPG






焼きあがったパンは熱いので、取り出してから横にして冷まします。

出来たてのパンはふっくらして美味しかったですよ。

ただ、お米をミルで粉砕するので工程上、ガガガガガ!と

10回ほどうるさい音がします。

なので朝に出来上がるようにセットして

夜中に作ると迷惑になるかもしれません。

米以外に通常の小麦のパンも作れます。

今度は小麦のパン作りに挑戦します。














拍手[2回]

松心園でも行動分析を講座

昨日は松心園での定期的な講座がありました。

私は仕事だったので、愛ママが参加しました。

昨日は「スケジュールをつくる」というものでした。

特性シートというものに記入し、子供の生活日課を整理して

次回の講座までにまとめてくる、というものです。

現在、家庭ではカレンダーにその日の予定を書いて

愛がわかるようにはしていますが、1日のスケジュールを

細かくは表示していません。


ところで、昨日の講座で興味深いスライドがあったそうです。

途中、「ABC分析」や「行動には理由がある」などの説明が

あったらしく・・・・・・・・。

それを聞いた私は驚きました。

それって、もろに行動分析やん!

しかも、それぞれの行動の理由とその対処も解説していたそうです。

2年くらい前、松心園に行動療法について問い合わせをしたときは

「今のところ考えていません」との答えだったんですが。

そうか、ついに松心園も行動分析に眼を向け始めたのか・・・・・・。

時代は変わってきていますね。









拍手[1回]

「もうひとつのワールドカップ」近況

以前、記事で書きました、
今開催中の「もうひとつのワールドカップ」。

決勝トーナメント進出は逃しましたが
善戦しているようです。

今日、韓国戦が行われるようです。
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/nhfs/

拍手[1回]

iPadで療育

iPadでこんなことも出来るんですね。

http://www.bookroomreviews.com/2010/08/16/best-ipad-apps-for-autism-and-aspergers-syndrome/

ただ、家庭で行うよりも療育機関向きかも。

拍手[1回]

パソコン復旧しました。

10日前に、突然パソコンが動かなくなり修理に出していました。

ハードディスクが壊れて交換しなければならず

そのため、登録していたデータをすべて廃棄することになりました。

最初からやり直しです。

まさか、こんなことになるとは予想していなかったので

パスワードなどをプリントアウトしていればなあ、と悔やんでいたのですが

幸い元通りにすることができました。

みなさんも気をつけてくださいね。

この10日間の出来事もこれから書いていきます。




拍手[0回]

そもそも「ビタミン」とは?

先日アップした「ビタミンKを与えず乳児死亡」の記事ですが、

みなさんの注目度が高いようなので
もうちょっと書いてみます。

そもそも、「ビタミン」って一体なんなのでしょうか?

私が学生の頃は

「体にとって必要不可欠のものだけれども、人が体内で
合成できない」

と習いました。

そしてビタミンの特徴は微量で作用すること。

その為、
欠乏すると困るが、だからといって多く摂取しても意味が
無いこと。
(多く摂れば効果が上がるというのは間違い)

これらのことがビタミンについてのおおまかな概要です。

ビタミンKについては
ヒトでは腸内細菌で合成されています。
なので成人については通常、ビタミンKが欠乏することは
ありません。
しかし、新生児においては
ビタミンKの胎盤通過性が悪く体内蓄積が少ないうえに
母乳中のビタミンK含量が少ない。
その上、腸内細菌が未発達であるためビタミンK欠乏に
なりやすいのです。

これらを踏まえて今回の事件を考えると
何もないところから突如ビタミンKがでてくる、と思われている
ように思えてなりません。
全く不可思議です。



拍手[1回]

ビタミンK与えず乳児死亡・・・この問題点は?

ご存知の方も多いと思いますが、
昨日の読売新聞の夕刊の記事で知りました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100709-00000173-yom-soci

とても残念に思います。
これには大きな問題があります。

まず、
この助産師が所属する団体は「自らの力で治癒に導く自然療法」を
うたっているそうですが、(私は支持しませんが)仮にプラセボ程度の
効果があるとしても、
ビタミンK欠乏性出血症にこれを適応しようと考えるのは
明らかな間違いです。

従ってこの人は私からみて、その「自然療法」についても
また、ビタミンK欠乏性出血症についても、いずれも
十分な知識を持っていなかったのだろうと推測します。


拍手[0回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne