忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[868]  [867]  [866]  [865]  [864]  [863]  [862]  [861]  [860]  [858]  [857

そもそも「ビタミン」とは?

先日アップした「ビタミンKを与えず乳児死亡」の記事ですが、

みなさんの注目度が高いようなので
もうちょっと書いてみます。

そもそも、「ビタミン」って一体なんなのでしょうか?

私が学生の頃は

「体にとって必要不可欠のものだけれども、人が体内で
合成できない」

と習いました。

そしてビタミンの特徴は微量で作用すること。

その為、
欠乏すると困るが、だからといって多く摂取しても意味が
無いこと。
(多く摂れば効果が上がるというのは間違い)

これらのことがビタミンについてのおおまかな概要です。

ビタミンKについては
ヒトでは腸内細菌で合成されています。
なので成人については通常、ビタミンKが欠乏することは
ありません。
しかし、新生児においては
ビタミンKの胎盤通過性が悪く体内蓄積が少ないうえに
母乳中のビタミンK含量が少ない。
その上、腸内細菌が未発達であるためビタミンK欠乏に
なりやすいのです。

これらを踏まえて今回の事件を考えると
何もないところから突如ビタミンKがでてくる、と思われている
ように思えてなりません。
全く不可思議です。



拍手[1回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne