忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(大学生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

カテゴリー

広汎性発達障害

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623]  [622

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

成長と療育のバランス

療育をしている時に注意することがあります。
それは、「その子の”今”の成長にあった療育」を
しているのかどうか、を考えることです。

例えば、「手を洗う」ということをするとします。

洗面所へ行って
1、水道の蛇口をひねり、水を出す。
2、両手をこすりながら、水で手を洗う。
3、蛇口をひねり水を止める。
4、タオルで手を拭く。
という一連の作業が必要です。

まだ子供が小さかったら、蛇口をひねる力がまだ
無いかもしれません。
そのような場合、最初は親が蛇口をひねり、水を出して子供が手を洗うのを
手伝うと思います。
このように、1から4まで全て出来なくても出来るところから
教えていると思います。
そのうちに成長して、蛇口をひねるだけの力がつくと
初めて1から4まで自分で出来るようになります。

療育も同じで
今出来ないことでも、数か月後に自然に出来る(理解できる)ように
なることもあります。
うちの子も、数を数えることが苦手で
「なぜ、できないんだろう?」と思ってましたが
1年位経つと出来るようになりました。

今から思うとおそらく、
蛇口をひねる力がまだ無いのに、1から4まで全て自分で
やらせようとしていたんですね。

つくづく反省。




拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne