忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛(12歳)の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[633]  [632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623

一番大きいのは・・・

以前、大小の区別の教え方を書きました。
今度は「一番大きい(小さい)ものは」を教えます。

教材は同じ色、形のもので大きさだけ大、中、小の種類のものを
用意します。
コピー用紙を3種類の大きさに切ったものでもいいと思います。
ただ、大きさの違いがはっきりと解るようにします。

はじめは、大と小の2種類を置いて
区別させます。例えば、
親:「おおきい」
子:(大の方を触る)
親:「よくできたね!」

あるいは、
親:「おおきい方をちょうだい!」
 (と言って手をだす)
子:(大きい方を親に渡す)
親:「そのとおり!」

大きい、小さいの区別が9割できていれば
大と中、中と小でそれぞれやってみます。
(大きさの違いが少しわかりにくくなります)
置く位置を時々変えます。
親:「おおきい」
子:(大きい方を触る)
親:「正解!」

これは、「おおきい」「ちいさい」という概念が
対象物が変わると変化する、ということです。
難しいですね。

つづきはあとで。





拍手[1回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne