忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛(12歳)の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 12 13 14 15
17 19 20 21
24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[637]  [636]  [635]  [634]  [633]  [632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627

「これ知ってる?」「知らない!」

親(又は質問者)が、「これ知ってる?」と何かを見せて
子供がそれを知らなければ「知らない!」と答えさせることを
します。

この課題の目的は、知っている物だとそれを答える、
知らなければ「知らない」と言って区別する、ということです。

愛は知らない物でも、「知ってる?」と訊くと
「うん」と答えている時期がありました。
今から2年位前(2007年9月頃)でした。

まず、子供が知っている動物の人形やキャラクターの指人形など
(大人の手に入るもの)を幾つか用意します。
それらを机に並べ、子供はイスに座らせます。
そして端から順番に「これ何?」と訊いて
答えさせます。
(全て答えられたとします)

次に、人形の1つを取り、子供の目の前で両手の中に
隠します。
そして「これ何?」と訊きます。
子供は一部始終を見ているので、手の中に何が
あるのか判るので答えることができます。
答えたら手を開いて見せます。
人形を換えて2,3回やってみます。
これも多分答えられると思います。

そこで、今度は
子供が目を離した隙にそっと人形を手に隠します。
そして「これ何?」と手を見せて訊きます。
さて今度は何が手の中に隠されているのか
判りません。
子供は答えられず、黙るか他の物の名前を言うでしょう。
その時に助け舟をだします。

例を挙げます。
親:子供が見ていない時に、人形(きりん)を手の中に隠す。そして、
  「これ何?」と訊く
子:「・・・・」(答えず)
  
親:「知らない」
  と言って(プロンプトをして)手を開く(きりんが出てくる)。
親:「きりんさんだったねー」

親:今度はシマウマを子供に判らないように手の中に隠して
  「これ何?」と訊く
子:「知らない」
親:手を開く(シマウマが出てくる)
  「シマウマだったねー」

子供にとっては親の手の中に何が入ってるのか
知りたい、という気持ちがあり、それを早く知りたい為に
「知らない」と言うことで、手が開きそれが何かを知ることができるのです。

最初に用意する人形は「子供が知っている物」ということでしたが
なぜ知っている物で教えるのかというと
子供の知らない物を使うと、親が「知らない」と言って
手を開いた時、子供がそれを”「知らない」という名前のもの”だと
勘違いするからです。

この方法で教えると
自分の知らないことは知らない、とはっきり言うように
なりました。










拍手[1回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne