忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(大学生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

カテゴリー

広汎性発達障害

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[1033]  [1032]  [1031]  [1030]  [1029]  [1028]  [1027]  [1026]  [1025]  [1024]  [1023

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

授業参観で当てられる

昨日は授業参観日でした。

私の休みもそれに合わせて取りました。

入学したころとの参観と比べて

半年経った今、学校での様子は

どうだろうか

と興味がありました。

愛のクラスでは

算数の授業でした。

単元は「どちらがながい」でした。

先生が画用紙で作った鉛筆の絵(大きさはまちまち)を

次々に見せて

「これとこれ、どちらがながいかなあ?」と質問すると

クラスのみんなは一斉に

「はーい!」と手を挙げていました。


愛も元気よく挙げていました。


愛の今の席は真ん中の前から2列目です。

愛の席は先生からよく見える位置です。

支援級の先生は教室の片隅で見守っていました。

なので、私は「愛がもし当てられたらどうしよう?」と

ちょっと心配でした。

先生が、比べ方を教えてから紙を持って

端の一方をびりびり破りだしました。

もう一方の端近くまで破ってくると

今度は方向転換して破って行き、

1枚の紙をジグザグに破って長く伸ばしました。

「さあ、みんなもやってみてね」と先生。


「絶対、愛ちゃん2つに破ってしまうわ」と愛ママ。




固唾を飲んで見守る私たち。






そして・・・・・・・・・・・







「先生ほらっ!♡」と




元気よく挙げた手に




2枚の破れた紙・・・・・。




あちゃー!。


先生、「ふっ!」と苦笑い。

支援級の先生が寄ってきて

手助けをしてました。

みんなそれぞれ破っていましたが

中には切れて短くなってしまう子もいました。

「みんなできたかなー、隣の人とどっちが長いか

比べてみてね」と先生。

次に

「今度は他のお友達と比べてみようね、長く切れた人!」

「はーい!」とみんな手を挙げました。

すると先生、

「愛さん!前に出てきてください」


なんと、当てられてしまいました。


愛は支援級の先生と一緒に切った紙を持って

前へ。

もう一人当てられた子の紙と

先生が手に持って「どちらがながいかな?」

とみんなに質問していました。

愛は質問が終わるまで前に出ていましたが

どんな気持ちだったでしょう。

家に帰るとき

「当てられてどうだった?」と愛に訊くと

「緊張したわ」。

ぜんぜん緊張してるように思えなかったけど(笑)。




























拍手[1回]

PR

Comment
こんな時期に
授業参観あったんですね。うちの学校は2学期入ってからまだないなぁ~。
算数の進度は同じです。うちも「どっちが長い」してますよ。T君はこれは得意らしい。でも最近は支援級にいる時間が長いので算数も国語も支援級にいる時間が長いんですよね。まぁクラスと同じ課題をしているのでいいのですが・・・。
Re:こんな時期に
今回は平日にありました。
支援級では宿題というものがなく
クラスでやったことを支援級で復習しています。
宿題はクラスでやったことのようですが、
進み方はゆっくりなので
いまのところできるようです。
【 管理人あいのパパ 2011/09/12 21:51】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne