忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛(12歳)の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[970]  [969]  [968]  [967]  [966]  [965]  [964]  [963]  [962]  [961]  [960

ABAを科学する!

先月、新聞に載っていた記事ですが、

「人気レストランに入るため、行列で辛抱強く待つ人の
脳ではセロトニンが多く分泌されているのかもしれない」

詳しくは
東京新聞電子版↓
http://www.tokyo-np.co.jp/article/technology/science/CK2011012402000157.html

この記事はもう知っている方も多いかもしれません。

この実験結果から想像できることは、

「ある程度我慢することをして

その後、報酬をもらえると

その我慢は次もできるようになる」ことで

セロトニンが増えるということでしょうか。

ということは、

これはABAセラピーそのものだと思います。

ずいぶん前のブログ記事で「ABAの評価は難しい」と

書きました。それは、

薬の効果を判定する場合、

AとBの2つの薬の効果を比較するとき、2つの群(集団)で試験します。

被験者を、Aを飲ませる群(Ⅰ)とBを飲ませる群(Ⅱ)に分けて

判定しその後、飲ませる薬を交代させて(AをⅡに、BをⅠに飲ませる)

判定することをすることがあります。

これをクロスオーバー試験といいます。

これだとⅠ群とⅡ群との個体差が少なくなります。

ABA療育(他の療育もそうですが)では

同じ子供で、療育をした時としなかった時の比較ができません。

なので、ある療育で効果があったなんてことになると

「もともと自閉症じゃなかったんじゃないの?」と

言われたりします。

しかし、

「ABA療育がセロトニン濃度を上げる」ということが

実証されれば

強力な根拠になることは間違いないでしょう。











拍手[4回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne