忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛(12歳)の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677]  [676]  [675]  [674]  [673

大学病院でも認められつつある?

1年とちょっと前、高槻市のO医科大学(ぜんぜん匿名に
なってないですネ)の医師による講演を聞きに行ったことが
ありました。

発達障害についての講演で、
スライドは「発達障害とは」から始まり、診断、どのような支援や
療法があるかを説明されていました。

私は「行動療法」もその中に入っているのではないか、と
少し期待していました。

しかし、話が進んでいっても一向に私が「期待していた文字」が
でてきません。

結局、最後まで出てきませんでした。
話が終わり、質疑応答の時間になり私は思い切って
質問してみました。

「最近、ABAという行動療法が注目を浴びてきているよう
なのですが、先生はどのように評価されていますか?」

すると先生は、以外な質問が出たというようにニヤリとして

「確かに今のトレンドですよね、しかしあまりよく知らないので
これから勉強会を始めようかと思っているんです」

私はその答えになんか肩すかしを食ったようでした。

それから1年近くたって、今年の夏に同じO医科大学の
先生による講演(主にADHDについて)があり、
そのスライドにはきちんと行動療法のこと(原理も)が
載っていました。

徐々にですが、大きな病院でも認められ始めているようです。



拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne