忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(大学生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

カテゴリー

広汎性発達障害

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[921]  [920]  [919]  [918]  [917]  [916]  [915]  [914]  [913]  [912]  [911

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高速道路を走っていて感じること

高速道路を車で運転していていつも感じることがあります。

それは、自分が行きたいと思っている目的地に

ちゃんと行くことができるように看板が表示されている、

ということです。

大きな看板で行先の表示が示してあったり、ジャンクションでは

「ここのレーンを走れ」みたいな矢印がしてあったりと

できるだけ、簡単で見やすいように表示がされています。

それでも私なんかは看板を見落としたり、出口を間違えたりすることも

ありますが・・・・・・。

それに表示が目的地のずいぶん前から表示されていることも

あります。これだと前もって「もうすぐだ」と、降りる準備ができます。

速い速度で走っているから、そうでもしないと間に合わないから

かもしれません。

ゆっくり走っていたら、すぐに気付くのかもしれないですね。

きっと発達障害児の療育も同じようなことが言えるのでしょうね。

大きな看板が必要な子もいれば、小さな看板でも気付く子もいる。

矢印(必要なことだけ)で解る子もいるのだと思います。

いずれにしても複雑でない簡単なデザインの看板が必要ですね。













拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne