忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[889]  [888]  [887]  [886]  [885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879

”本音”でぶつかってみようよ!

これまで、愛のおかげでいろんな親御さんを見てきました。


人それぞれ大変さは違いますが

みな同じような事を体験されていると思うと

それだけで、共感できます。

父親の会に参加すると、気が晴れます。

いろいろな会に出ると、いろんな考えがあるんだなあ、と

思います。


それだけ、子供の事を真剣に考えているのだと

思います。



しかし、その一方で

「妻がうつで・・・」とか「夫婦でうつに・・・」ということも

聞きます。

うつでなくても、体調を壊すということも

あるのかもしれません。

うつや憂鬱な気分になる、体調を壊すのは

どうしてでしょうか?


私が思うのには、やはり自分の子供に「今より良くなって欲しい」

と心のどこかで思っているからだと思います。



・・・当然ですよね。


誰でもそう思います。なので体は嘘はつかない。

子供の将来のことでうつになる、という人も根本的に同じです。

しかし、現在のところ有効な治療法もなければ

特効薬もない。

療育も同じ(というか治療が目的でないので当然か)。



私は、少なくとも親の気持ちはもっと本音を出してもいいんじゃないかって

思うんです。

ただ、「発達障害は治らない」ことは前提として理解しなければ

いけませんが。



ならば、出来る限り子供が自分でできるように

教えていかなければいけないと思います。

並大抵のことではないと思いますが・・・。

そして子供の悪い部分を見るのではなく

いい部分を見つけて伸ばしていく。

いい部分を見つける宝探しをしましょう。




















拍手[1回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne