忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(大学生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

カテゴリー

広汎性発達障害

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[1499]  [1498]  [1497]  [1496]  [1495]  [1494]  [1493]  [1492]  [1491]  [1490]  [1489

「半減期」とは?

今回はちょっと専門的です。

このシリーズ、気がつけば3年半もほったらかしに

なっていました。

で、今回は薬の「半減期」というものについてです。

一口に半減期、といっても2種類あります。

物理的半減期と生物学的半減期です。

物理的半減期というものには

例を挙げると、放射性物質があります。

放射性元素が半分になるまでの時間です。

よく何千年とか何万年とかいいますね。


生物学的半減期というのは、

体の中に入ったもの(薬など)が半分になるまでの時間です。

体の外に出るには、主に肝臓で分解されるか

腎臓から排泄されるかです。

薬物の血中濃度が100%として

半減期が1時間とすると

1時間後は血中濃度が50%になります。

その1時間後には25%、

その1時間後には12.5%,そのまた1時間後は6.25%、

その1時間後には3.125%になります。

最初の濃度が100%とすると

半減期が5回経つと

血中濃度は3.125%まで下がります。

つまり、半減期が5回過ぎると約97%が体外へ出ることに

なります。

これ位だと薬の影響を受けないと言われています。


半減期は薬によって違うので、

半減期により、薬の効き方や持続時間が変わってきます。

短い薬ですと、飲み忘れにより効果が薄れて来ます。

半減期が長い薬だと、飲み忘れてもそれほど影響がない

ということもあります。














拍手[1回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne