忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[666]  [665]  [664]  [663]  [662]  [661]  [660]  [659]  [658]  [657]  [656

2段階音声指示

愛と一緒に風呂に入る時、
自分で体を洗わせるようにしています。

今の愛は
殆どは、いちいち指示しなくても自分で洗えるように
なりました。

しかし、まだしっかり洗える、という程ではありません。
所々洗い残しもでてきます。

そこで、「胸のつぎは背中よ!」とか言って
洗う部分を指示することもあります。

愛は今はその通りにしています。

しかし、最初からこうだった訳ではありません。
できるようになったのは、ここ半年位でしょうか。

「〇〇してから☓☓して!」とか言うと、
必ず最後の☓☓しかしませんでした。

直前の記憶しか残らないんですね。

それで2年くらい前から
「2段階音声指示」というのを教えていました。

例えば
丸い形や四角のカードを作り、
「丸いのをおかあさんに渡してから、四角いのをおとうさんに渡して!」
と言います。
愛にその通りにやらせます。

そんな簡単にできるはずがないので、きっと
手をとって教える(プロンプトする)ことになるでしょう。

ただ、この指示だと
「おとうさん」「おかあさん」「丸い」「四角い」をはじめに理解させる
必要があります。

「〇〇してから、☓☓して!」をできるようにするのが
この課題の目的なので
その子にあった題材を考える必要があります。
すでに理解しているものを使う方がいいのは
当たり前のことですよね。

また、子供が☓☓をして〇〇をしても
それは正解ではありません。

あくまでも
「指示した順番通りに行うことができる」のが正解です。

指示も難しければ、行動も難しい・・・・。
子供にとって結構難しい課題です。
それを、プロンプトして教える時間が多くなると思います。

ずっとしてると
子供もイヤになってくるかもしれないので
簡単な出来る課題を間にはさんで
やる気を維持させるようにします。














拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne