忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛(12歳)の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 12 13 14 15
17 19 20 21
24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564

「わたし」と「あなた」

愛は自分のことを言う時、「愛ちゃんは・・・」といいます。
まあ、これはこれで子供らしくていいのです。
しかし、「私」という言い方も教えなければ、と思ったので
それを教えることにしました。
だが「わたし」だけではバランスが悪いなあと思ったので
「あなた」も教えることにしました。

さてどうやって教えようか・・・。
そういえばじゃんけんを教えていたので
「誰が勝った?」と訊いて答えさせる方法を思いつきました。

しかし、その前に・・・・・。
「わたし」と「あなた」を別々の紙カードに書いてそれを愛に読ませました。
そして、じゃんけんをする前に「わたし」カードは愛の方へ置き
「あなた」カードは私の所に置きました。
そしてじゃんけんをします。
「誰が勝った?」と訊きました。
こういう時は、今までは「愛ちゃん」か「おとうちゃん」と言っていましたが
愛が勝った時は、「わたし」カードを指でちょんちょんと叩いて
「わたしが勝った」と言わせました。
一方、私が勝った時は、「あなたが勝った」と言わせます。
もちろん、そのように言った時は「そのとおり!」などと褒めて
強化します。
厳密には、子供は親に「あなた」とは言わないのですが
「私」と「あなた」を区別したかったため、教えることにしました。
愛には「わたし」という言い方があるのだ、ということを解ってくれたら
いいと思ってます。
今のところ、「誰が勝った?」の答えは
愛なら「わたしが勝った」、私なら「あなたが勝った」と言いますが
他の場面(汎化)はまだ試しておりません。







拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne