忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛(12歳)の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533]  [532]  [531]  [530

「じゃんけん」を教える(その2)

じゃんけんを教えようとするくらいですから
「動作模倣」が出来ている前提で話を進めます。
グー、チョキ、パーが理解できたら
今度はそれぞれの関係を教えます。
まず、どれでもいいのですが、グーならグーばっかり子供に
だしてもらいます。
親「グーをだしてね!」
親子「じゃんけん、ほい!」
子供グーを出す。親はチョキをだします。
親「どっちが勝った?」
子「・・・・」
親「どっちが勝った?グーが勝った」
と、プロンプトして
また同じことをします。
親子「じゃんけん、ほい!」
子グーをだす。親チョキをだす。
親「どっちが勝った?」
子「グーが勝った」
親「そうだね」
「グーはチョキに勝つ」ということを徹底的に何回も
理解するまで教えます。
それができるまでは他のじゃんけんは教えません。
それができて、「パーはグーに勝つ」「チョキはパーに勝つ」ということも
教えていきます。
しかしこれだけでは不十分です。


拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne