忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(大学生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

カテゴリー

広汎性発達障害

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[1388]  [1387]  [1386]  [1385]  [1384]  [1383]  [1382]  [1381]  [1380]  [1379]  [1378

行動分析学入門

久々に書籍紹介です。

他のブログなどでもお勧め本になっていたりしますが

今まできちんと読んだことがなく

その為、コメントができませんでした。


なので、発売から数年経っているので

「何を今更?」と思われるかもしれません。


しかし、読んでみて

(行動分析学の専門家でもない私が言うのも変ですが)


それでも紹介したい本だと思ったのです。


発売されてから年数が経っている(初版は2005年)のに

今まで読んだことがなかったのは、

すでに行動分析学の別の本を読んでしまってから

この本の存在を知ったので、同じような内容だろうと

思っていたからです。

しかし、これは安易な考えでした。(反省)

本書は新書でページ数も限られているのにかかわらず、

行動分析学のエッセンスが凝縮されています。


ただ、「入門」ということで全てを網羅している訳ではない

と思われますが、この本1冊で「行動分析学とは」という問いの

答えは充分理解できると思います。


私は自分で勉強した行動分析学(ABA)の復習や知識の整理になるかと

今回購入してみたのですが、本書の方が遥かに理解しやすかったです。

また、自分の思い違いにも気付かされたのでそういう意味では

価値があったなと思いました。

そういうことで、行動分析学の入門書としては「“超”お勧めしたい」本です。

当ブログに貼り付けている本紹介の広告の中では間違いなく一番です。

(といっても、ネットで注文するより店頭で実際に手にとって見てから

買ってくださいね)


では、どのような人にお勧めかというと・・・

私みたいな専門家でない人で一度、行動分析学やABAを勉強した人。
(新しい発見があるかも)

行動分析学やABAに興味があるか、これから実践しようとしている人。

です。

入門書とはいえ専門的な用語も幾つか出てくるので、興味がない、全く知らない

という人が読むには少し難しいかもしれません。

が、そういう人でも頑張って読むと本書の魅力にハマル可能性大です(笑)。


これだけの事が書かれていて、これで660円は安い!

行動分析学入門  杉山 尚子著  集英社新書















拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne