忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[12/07 DRNO]
[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[841]  [840]  [839]  [838]  [837]  [836]  [835]  [834]  [833]  [832]  [831

「ありがとう」を教える

この記事は以前(2007年ころ)に書きましたが
説明不足な部分があるので、今回詳しく書いてみます。

お菓子を愛に手渡します。

その時に、愛は「ありがとう」と言って受け取ることができる、

と言う事を目標にしました。


まず、お菓子を愛の前に手に持って差出します。

愛がそれを取ろうと掴んだ時に

私が「ありがとう」と言ってから手を放します。

愛はお菓子を受け取ることが出来ます。


また、私はお菓子を手に持って愛の前に差し出します。

愛がまた掴もうとしても、今度は2秒位、私はそのまま放しません。

2秒位経って、私が「ありがとう」と言ってから放します。

愛はお菓子を受け取ることができます。


また、私はお菓子を手に持って愛の前に差し出します。

愛はまた無言で掴もうとしますが、私は放しません。

2秒位経ってから、私が「ありが」と言います。しかしまだ
放しません。
「ありが」と言うのは、愛にヒントを与えているのです。
それがきっかけで愛が「ありがとう」と言えれば、手を放します。
まだ、言わなければ私が「ありがとう」と言ってから
手を放します。

この段階で、ヒントで「ありがとう」もしくは
今まで無言だったのが何か言った、というのであれば
次に進みます。

また、お菓子を手に持って愛に差し出します。
愛は手に掴もうとするでしょう。しかし何か言うまで放しません。
2秒位待っても言わなければ
私が「あ」と今度はヒントを少なく出します。
それで「ありがとう」を言えれば手を放します。

出来なければ私は「ありが」と長めのヒントをだしてみます。
その間も手は放しません。

それで「ありがとう」と言えれば
手を放します。




 

 


 

拍手[1回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne