忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[533]  [532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523

「数を教える」その後の補足

昨日の日記の補足です。
新しい数を教える時、なかなか理解しにくいと
思います。
そういう場合・・・・・
「4」を例にとり説明します。
机の上に積み木を、最初から4個だけ用意します。
そして、4の数字の書いた紙を置いて
「4個置いて」と指示します。
もともと、4個しか机に用意されていないので確実に置くことができます。
(もし3個しか置かなかったら、「一緒に数えてみよう!」と言って
一緒に数えます。
次に一人で出来るかやってみます。)
そして「よくできたね!、えらい!」と褒めると
子供は「できた!」という達成感が得られるのです。
愛はそれを繰り返すとだんだん出来るようになってきました。
それができるようになると、準備する積み木の数を増やして
それでも指示通りの個数を紙の下に置けるか見ます。
それができて初めてその数を理解した、といえるでしょう。
当然、褒めることを忘れずに・・・・。



拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne