忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(大学生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

カテゴリー

広汎性発達障害

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928]  [927]  [926

生体内での微量元素の役割

地球が出来て、生命が生まれ進化してきて

今の私達、人間が存在するわけですが、

まだまだわからないこともたくさんあります。

人の体の中では、取り込んだ栄養を上手く利用するために

さまざまなことが行われています。

糖分や脂肪、タンパク質などを合成したり分解したり・・・

それで体に必要なものを作って生命は生きています。

合成するには「酵素」というものが関係しています。

この酵素の働きにより体の複雑なものが

簡単にできてしまうのです。

しかしこの酵素、働いてくれるには条件があります。

その条件の1つに「温度」があります。

酵素が働くのに一番いい温度というのがあって

それがだいたい38℃なのです。

それを聞いて「えー!」と思う人がいるかもしれませんね。

だって、通常の人の平熱は36℃付近ですから。

36℃くらいだと酵素は、働くには十分でないかもしれません。


しかし、なぜ人の体がちゃんと機能しているのか?不思議ですよね。

実は体には、微量ですけど元素(金属)が存在しています。

またその元素は36℃でも十分酵素が働くようにサポート

してくれています。

つまり、触媒的な役割をしているのです。(補酵素とも呼ばれます)

だから体には絶対必要なもので、不足すると生物は生きていけません。

それらの元素は通常、食べ物の中に含まれているので

普段は特別に摂る必要はありません。


ここまで書くと

もうお判りかと思いますが、「キレーション」というものが

どんなに危険なものだったか(現在、実践されている人は殆どないと

思いますのであえて過去形の表現にしました)

いっしょにマルチビタミンなど飲んでいたとしても

体内に十分量吸収されているかどうか?ですからね。

ただ、微量元素は体に必要と言っても

「微量」だからいいのであって、たくさん摂る必要は

ありません。















拍手[0回]

PR

Comment
怖い
キレーション怖いですね。
僕の父親が孫の障害について本などで調べて
サプリメント療法で自閉症が治ると今でも信じていて・・・。
いくら説明しても納得してもらえず、しんどいです。
僕もそうですがまだ障害に対して無知で、なおかつ受け入れられない気持ちがあるのでしょうね。
考えて悩んでる間にも息子は成長しているのに・・・。
Re:怖い
いきなり、「(障害を)受け入れろ!」と言われても
無理ですよね。
徐々に気持ちを落ち着けていって、徐々に現実を
受け入れるしかないのかなと思います。
しかし、今のこの子に何ができて何ができないかを
しっかり見極めて、出来ないことをフォローしてかないとと
思っています。
サプリメントは「改善させるための補助」的なもので、改善させる主役には
なりえません。あくまでも脇役にすぎないのですが、
広告を見ていると、紛らわしいですよね。
それで多くの人は誤解するようです。
【 管理人あいのパパ 2010/11/20 09:40】
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne