忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[1897]  [1896]  [1895]  [1894]  [1893]  [1892]  [1891]  [1890]  [1889]  [1888]  [1887

これも特性なのかな?

愛兄も高校生になり、少しずつ大人っぽくなってきました。


しかし、頑固な所は子供の時から相変わらず。

それで、愛ママとたびたび「衝突」します。


衝突すると、それまでの和気あいあいとした雰囲気が一変します。

家中、どんよりと沈んでしまう雰囲気になってしまうのですが、

愛もそれを敏感に察知するようです。

そして、「こんな雰囲気、いややねん」と言い出したりします。


私は今まで、愛はそんなことを感じないだろうと思っていたので

驚きです。


発達障害の子は「人の気持ちが分からない」と言われていますが、

愛も通常はそうです。


しかし、愛に「そうやなあ、いややなあ。みんな嫌やで」と言うと

愛は率直な自分の気持ちを言います。

その気持ちも、その現状にぴったり合っています。


となると、人の気持ちや考えを察することができるようになってきたのかなあ、

と思います。


一方で別な見方をすると

「いつもと違う雰囲気=いつもと違う環境」だから

なにかしらの違いに気付いた、とも取れます。

視覚的な違い以外に感覚的な違いも分かることがあるのかどうかは

実のところ、分かりません。


これを成長と捉えるならば

「発達障害」(発達がそこでストップしているイメージ)ではなく

「発達遅延」(ゆっくりとだが成長している)と呼ぶ方が名称として

相応しいと思います。















拍手[4回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne