忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(高校生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

広汎性発達障害

カテゴリー

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[232]  [231]  [230]  [229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222

おなじ仲間は?

愛に今教えている課題の1つに、果物を3つ言ってとか、乗り物を3つ言ってなど、カテゴリーに属する複数の物を言わせることをしている。
はじめは全くできなかった。
「りんご」という名前やそれが「果物」というカテゴリーに属する事は理解していた。
が、果物は何がある?と訊いても答えられなかった。
果物はたくさんあるので、まず普段に食べるものの幾つかを教えることにした。
「果物を3つ言って」の後すぐに「りんご」と言って、愛にもりんごと言わせる。
つぎに、「みかん」「バナナ」も同様に言わせる。
その次にまた同じ質問をして、答えられないと、りんごの「り」だけ言ってヒントを与える。他も同じ。
ヒントを与えることを「プロンプト」と言う。
最初は全て答えを言うので「フルプロンプト」、徐々にヒントを少なくしていくことを「プロンプトフェーディング」と言う。
答えられるようになってきたら、プロンプトを無くしていく。
言葉でヒントを与える代わりに
本物のりんごをちらっと見せるのもゲーム感覚になって面白い。

拍手[0回]

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne