忍者ブログ

プロフィール

HN:
あいのパパ
HP:
性別:
男性
職業:
薬剤師
自己紹介:
あいのパパ(管理人)、愛ママ、愛兄(大学生)、広汎性発達障害の愛の4人家族です。

カテゴリー

広汎性発達障害

リンク

ありがとうございます

最新コメント

[07/17 coriandr]
[07/11 むーに]
[07/03 みうりん]
[04/24 みうりん]
[04/17 ヒロ]

本の紹介です

本の紹介です

本の紹介です

最新記事

最古記事

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

アーカイブ

最新トラックバック

RSS

バーコード

あし@

アクセス解析

アクセス解析

[1]  [2]  [3

仲良しの子に浮気される。

どうやら、仲良しのTちゃんに”浮気”されているようです。

最近、保育所の遊びで「イス取りゲーム」を

しているらしいのですが

みんな2人ペアになってゲームをするようです。

で、愛はTちゃんとペアになっていたんですが

なかなかゲームの要領をつかめないのか

Tちゃんの「指示」が解らないらしく

Tちゃんに「何回言ってもわからへんなあ!」と

怒られたらしいのです。

そして、遊ぶのもTちゃんは他の子と遊ぶように

なってきたそうです。

いつもということではないみたいですが・・・。


このくらいの年になると

みんな、相手としっかり会話もできているので

愛に対しては「何か違うな」という認識は

当然あると思います。

残り1年

愛がみんなの中でどう変わっていくのか

見守っていきたいと思います。






拍手[0回]

PR

久しぶりに会えたね!

保育所のクラスで、愛と同じグループの仲良しのTちゃん。
いつも隣に座り、お互いにふざけあっていた。
そのTちゃん、このところずっと休んでいた。

昨日の朝、愛ママが保育所に送りに行った時、
愛がTちゃんのカバンを見つけて、「Tちゃんがいる!」。

すると、「愛ちゃーん!」と廊下からTちゃんの声が。

愛も「Tちゃーん!」と叫び、二人仲良く手を繋ぎ遊戯室へ
消えていったのであった。チャンチャン!



拍手[0回]

ゆーびんやさん、おはいんなさいっ!

最近、愛は近所の子供たち(小学生)と
大縄跳びをしている。

昨日はどんな様子だろう、とそっと覗いてみた。

友達が跳んでいるのを、愛は他の友達と一緒に
並んで座り見ている。

その友達が終わると、愛が次にやろうと立ち上がる。

それを見た友達が、「愛ちゃんは、Sちゃんの次!」と言って
制止される。

愛はまた座る。

愛に順番が回ってきて
跳び始める。しかしタイミング良くとべないので
「ゆうびんやさん」までしかいかない。すぐにひっかかる。

通常、ひっかかるとそこで他の子と交代なのだが

愛の場合は、何回もチャレンジさせてくれていた。

しかし、何回も「ゆうびんやさん」から先に行かない。

友達もだんだん嫌になってくると思うのだが
根気よく付き合ってくれている友達に頭が下がる。

一方の愛はひっかかることに至福を感じているようで
面白がっている。

そのうち、友達は縄跳びを回すのをやめて
下に置いた状態で、愛にその上を飛ばすことを
思いついたようだ。

なるほど!と感心してしまった。






 

拍手[0回]

ゆずりあいの気持ち

最近の愛は、保育所でも”おねえさん”になってきているらしい。
「待つ」とか「ガマン」とかいう事が少しずつできるようになってきているようだ。
園庭で三輪車に乗っている上級クラスの子に「あとで、愛ちゃんにかしてね」と
言ったり、自分が三輪車に乗って遊びだすと友達にも「あそこのあいてるよ」と
教えてあげたり・・・・。
先生も「おねえさんに見えました」と言っておられたそう。
自分の気持ちをコントロールできるようになってくれば、人とのかかわりも
今よりもっと楽になるだろう。

そういえば・・・・・

家でも愛兄に偉そうに言うことがあったなあ。
愛はきっと”仕切り屋”になるのかも・・・・・・ゾッ!
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

拍手[0回]

誤解の原因(昨日の続き)

愛が友達から誤解を受ける原因は(愛にとって)・・・・・
1.言葉が上手く相手に伝わらない。
  相手側にとっては何を言いたいのか解らないのでイライラすると思う。

2.相手の言っていることが理解できない。
  相手にとっては何回言っても、言う事が理解できなければやはり
  イライラする。

3.相手に嫌な思いをさせてしまった時に謝れない。
  これは相手に「嫌な思いをさせた」という事自体を理解できていない。
  愛は不注意な行動が多く、見ている側からすると大雑把で大胆で危ない。
  知らない間に人の作ったものを踏んで壊していたり、また人にぶつかっても
  そのままで謝ろうとしない。わざとそうしているのではなく、本人が気付いていな
  い。

1と2は発達の問題なのでまだまだ時間がかかるだろう。
しかし、3については改善できるのではないかと思っている。
人に何かをもらった時は「ありがとう」と言えるのだが、人にぶつかった時や人のものを壊したときは「ごめんね」という事が言えるようになるのか。
けど、よく考えると(相手の)感情の理解は難しい。
同じ「ありがとう」でも何かをくれた時は言えても、何かを”してもらった”時にも
「ありがとう」と今まで言えていたか・・・・
それを検証する必要があるなあ。


  

拍手[1回]

友達の世話

愛は、保育所で友達の世話もするようになった。
お迎えの時、他のお母さんも保育所に来ているのだが、「シンちゃん、ママ来たで!」と友達の肩を叩きにいったりする。
ただ、みんなにするわけではないのだが。
今のところ、仲のいい子だけのようだ。

拍手[0回]

心配な事

昨夜は近くのスーパーで夏祭りがあるとかで、愛ママが子供達を連れて行った。そこでは近所の子供達も大勢来ていたらしく、久しぶりに会う子達もいたようだ。愛にも「愛ちゃん、久し振り!」と何人かが寄ってきたのだが・・・・
愛は、その子達にブッと唾を吐きかけた。その場で愛ママは皆に謝り、愛を叱った。
愛は興奮してふざけたのだろうが、そんなことが許されるはずがない。みんなどこかへ行ってしまった。
今回のことで、その子達にも
「愛ちゃん、ちょっと変わってるなあ」と気づき始めているかもしれない。
今後の友達付き合いが心配である。

拍手[0回]

愛ちゃんも・・・

保育所での愛は友達の名前も大分覚えてきたようだ。何人かの友達ともかかわることもあるようで昨日も、友達が葉っぱに付いていたゲジゲジ虫をみんなに見せに来た。それを見た愛、「愛ちゃんも触りたい!」と言ってその葉っぱに手をだしたら、他の子に「触ったら、あかんで!」と言われたようだ。
愛はしぶしぶ諦めたようである。

拍手[0回]

保育所の友達

保育所に通って半月。昨日の夕方、愛ママが愛を迎えに行った時のこと。愛を連れて帰る時に、園庭から「愛ちゃん~、バイバイ~」と同じクラスの子が
声を掛けていたそうだ。
健常の子とどうやって遊んでいるのか興味があるなあ。

拍手[0回]

愛、縄跳びに挑戦?

近所の小学生のお兄さんやお姉さんが縄跳びの練習をしているのを見て近づいていく愛。近づくと危ないので、皆から「愛ちゃん、邪魔!家に帰り!」と言われた。しかし、愛は「イヤっ!」と言ってなかなか帰らない。結局、お姉ちゃんに抱っこされ帰るはめに・・・。
家に帰ってからも愛ママに「行っても、イイ?イイ?」と訊くので「見るだけよ!」と言うと
外に出ていき、お兄さんお姉さん達の縄跳びをじっと見ていたそうだ。愛にはまだ早すぎるよ。

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne